■ペットの保険選びは!【保険スクエアbang!/ペット保険】■

ペットの飲料水「元気水」商品開発の背景

ペットの飲料水「元気・水」商品開発背景

開発における背景は、提供いただいたものを
そのまま載せておきますので、ぜひ、どのような考えで
この商品がつくられたのか、ご覧くださいね。

↓−−ここから−−

咋今、人間同様ペット達も食生活の飛躍的な改善により寿命が延びています。しかし同時に「人」と同じような生活習慣病(成人病)など現代型疾病に侵されているのも事実といえます。

例えば「癌」「糖尿病」「肝臓病」等です。 外耳炎 前立腺肥大 腎不全 胃潰瘍 肝炎 湿疹 膀胱炎 下痢 肥満細胞腫子宮蓄膿症 悪性リンパ  尿路結石 皮膚病 心臓病・・・ 本来、ペットの食事は粗食でした。しかし、ペットフードの登場により、ペットもまた人間同様にカロリーをとり過ぎています。特に室内で飼われている場合は飼い主がついついペットに人間の食事やおやつを与えてしまいがちなので、塩分や脂肪、カロリーの取りすぎが懸念されます。また家の中で飼われる場合は、運動量が不足しがちで、とりすぎたカロリーを使い切る事ができません。そのため、ストレスがたまりやすく、過食症におちいることも多いようです。

そんな理由から近年、肥満ペットが増えています。 ペットはもともと半ば自然な状態で飼われていました。しかし、室内で飼われ、人間同様の生活を送るようになると、ストレスが発散できずにいます。ストレスは免疫機能を低下させたり、体内の活性酸素を増加させたり、内分泌活動を狂わせたりします。 また、ペット化するにつれ野生が薄れ、本来持ってるはずの自然治癒力(免疫力)も低下してきています。(犬なら雑種、猫ならノラ猫の方が病気知らずで強いと言われますよね) 限りなく人間の生活に近づいたペットですが、生活環境がよくなるにつれ、寿命が長くなり、ペットにも高齢化が進んでいます。老化が進むと、ペットも人間同様に、免疫力が低下し、体全体の機能も低下していきます。 犬や猫などのペットも人間同様の免疫機能低下や生活習慣病が増えているのが現状なのです!

そこで、β1.3・1.6グルカン入りの水を摂取することにより、免疫力を高め副作用や負担をかけずにペット自身で病気を治したり、予防医学的に健康維持・向上に役立てるのではないかと考えました。 また、飼い主の中にはペットの健康を考え、水道水ではなくミネラルウォーターを与える方もおられますが、酸化力の高い水でなく安全な水をペット用として供給したいという願いも以前から考えていたので併せて実現させました。

↑−−ここまで−−

いかがでしたか?
今まで以上に、少し立ち止まって、ペットと元気に楽しく暮らすことについて
考える機会となれば、すごくいいことですよね^^

「元気・水」詳しい商品情報はこちら>>




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。